fc2ブログ

インドでの生活

以前書いたインド生活、環境を振り返る。

・インド国内で働いている以上、給料はインドルピーにして、
4万ルピー(日本円で10万程)。

・2ヶ月いたハイデラバードという都市は5月は真夏ということもあり、毎日40度を超える暑さ。

・半年ほどいたバンガロールはインド版シリコンバレーと
いわれています・・・
が綺麗なのは会社の敷地内、一歩外にでれば、牛と排気ガスと
インド人といったイメージでしょうか。

・インド給料で生活するためには、日本食や欧米食は週に1回あるか
ないかの贅沢となります。日本と変わらない値なので。
ですので、それ以外の食事は、カレー(日本のカレーライスとは
全く違います。日本のインドカレーも豪華すぎるので、違います。)
で30?50ルピー(80円から130円)か、中華も同様の値段なので
それらでおなかを満たします。
大抵のひとは、はじめの1週間以内におなかを壊します。
胃腸に自信のない人は危険です。


・インフラが最低レベル
停電はしょちゅうです。半日ほど電気が使えないときもあります。
道はでこぼこ。あの人口だから、渋滞は半端じゃありません。
バンガロールだと、10キロくらいのバス通勤が1時間?1時間半かか
ります。

・中には綺麗なショッピングモールとかあります。綺麗なサリーとか
買えちゃいます。この貧富の差は、二極化しているといわれる日本など
比ではありません。

 
・その他、毎日珍事がおこります。日本ではありえないことがいっぱい
起こります。
これらは機を見て書きます。


アメリカで1年ほど生活したことがありましたが、ここでは
毎日の生活でいっぱいいっぱいでした。

しかし、いろんなもの・人・考えが見えたので、今となっては
良い経験だったのかな。
今の日本で物足りない方は是非行ってみてください。
スポンサーサイト



インド株

今日はインド株について。

1年前にインドにいたから、インド株を直接買おうとしたがだめだった。
いろいろ手続きが面倒だったから。
日本では投信で人気化しているが、もう遅いだろう。

去年上がりすぎたのだ。
10月に帰国して、雑誌はインド特集が組まれ、インドがどれだけ素晴らく、
経済的に魅力である旨の記事が目についた。
最近の「インド株で大もうけ」といった本がところ狭しとある。
こうなった頃に手を出すと危ない。
一回大きく落ちる危険性がありそうだ。

そこからのSENSEX指数の伸びは順調であった。日本の金がかなり流れたの
だろう。

長い目でみれば、大きく伸びるのであろうが。日本からダイレクトに買える
ようになってからでも遅くないだろう。

誰も見向きもしなくなったときが買い時だから。

1年前の旅立ち

ちょうど1年前の今日(2005年4月26日)。
インドという未知の国へ旅立ったことを思い出した。
結局、半年間インドで生活しました。

フリーランスの仕事として、ちょっと飽きていたのと、
幅を広げる勉強ができそう、パッケージ(ERPなど)に
ついてスキルも得て、単価をあげよう!
と意気込んでいました。

当時の会社説明会でも、日本人マネージャが
「すごいトレーニングとCMMレベル5のプロジェクトは
Global Consultantを育てる環境がととのってるんだ!」
と自信たっぷりにプレゼンしていました。

みなさんはインドのことをどれくらいご存知でしょう?

そう、カレー。
それ以外にITやらソフトウェア大国。数学にめっぽう強い。
くらいは知っているかもしれません。

私もそれくらいしか知らずに、インドという企業に入社した
わけで、最低半年から1年はインドでつらい修行をして、立派
なコンサルタントになりなさい・・・と日本支社から放り
だされたわけです。


入社したのはインドでは第2位のソフトウェア企業、インド人
にとっては憧れの会社である。
当時で4万人以上いた大企業で、今もITエンジニア確保に必死で
5万人も超えてるのかな。
毎年30%以上増益を維持しており、企業として大変素晴らしい
でしょう。

じゃあ、なんで半年で辞めたのでしょうか?

| ホーム |
Page Top↑